印刷所の流れを把握して計画的に同人誌を作成しよう
ロゴ

同人誌の魅力とは?

プロ・アマ問わず、好きな作品の二次創作物やオリジナル作品を本という形で自由に表現できるという点です。二次創作であれば原作とは違った展開にしてみたり好きなキャラを主人公として話を作ったりできるのが、自費出版で自己責任である同人誌の魅力と言えます。

印刷所へ依頼する時の流れ

印刷機

印刷所の資料を集める

同人誌印刷所は多くあり、200部程度の少部数印刷に力を入れている所や1000部以上の大部数印刷が得意な所など様々です。各社のホームページなどで料金や装丁などを比較して、自分に合った印刷所を探すことが大切です。また、郵送で紙見本や色見本を送ってくれる所もあるので、取り寄せてみると実際の印刷イメージが浮かびやすくなります。

締切日の確認をする

即売会などのイベントに合わせて発行する場合、入稿締切日が設定されています。締切を守らないと納品希望日に間に合わなくなる事もありますので注意が必要です。また、印刷代が割安になるプランを利用する時にも締切日がある場合が多いので確認しておきましょう。

原稿を作成する

印刷の元になる原稿を作成しますが、紙原稿なのかデータ原稿なのかで注意事項が違ってきます。紙原稿は市販の原稿用紙を使用していれば問題ありません。データ原稿の場合、印刷所によってデータ形式や使用ソフトなどに指定がある事が多いので確認が必要です。

入金後に入稿する

同人誌の印刷は基本的に前金ですので振り込みや為替、クレジットカードなど印刷会社が指定している方法で入金処理をします。その後、発注書を添付して紙原稿を郵送したりデータ送付により入稿したりして印刷を依頼する事になります。

印刷所の流れを把握して計画的に同人誌を作成しよう

冊子

印刷所へ依頼する方法

基本的には印刷所が指定している注意事項を守った原稿が作成されていて、発注書に記入漏れなどなく入金が済んでいれば印刷してもらえます。ただし、時期によっては電話予約が必要になってきますのでホームページなどで確認しておくと安心です。

印刷

作成にかかる時間や日数

印刷所によって様々ですが、入稿後1~2週間前後で納品というのが一般的です。夏と冬の大規模イベント直前は予約制になっている所が多く、逆に繁忙期を外せば1週間以内に納品される事もあります。余程無理な要望でなければ聞いてもらえる場合もあるので、電話で確認してみると良いでしょう。

冊子

同人誌を作成するのに必要な費用と相場

印刷の種類や装丁などで変わりますが、印刷代はB5版20Pの本30部で5千円前後から可能です。よく利用される100部から300部程度ならば、フルカラー表紙で2万円から5万円ぐらいで印刷できます。ページ数と部数が増えれば料金も上がりますが1冊当たりの単価は下がっていくのが一般的です。

計画的に作ることが重要

多くの印刷所で早期割引や繁忙期外割引などを行っています。即売会などに合わせて作る場合でも、早めに入稿する事で印刷コストを抑える事が出来るので上手に利用すると良いでしょう。また、1冊当たりの単価を抑えようと発行部数を多くしてしまうと売れ残った場合に元手も回収できなくなりますので、本のジャンルや知名度を合わせてよく考えて印刷依頼する事が大事です。

広告募集中